「相続」タグの記事一覧

心配のない相続と心配な相続

相続全般について、いつも思う事は、そのタイミングです。 相続が始まって、例えば、相続税が発生するから10ヶ月以内に・・・ など、なにか期限があれば、なにかアクションを取る必要があると思うのですが、相続税を払う程、財産もな・・・

遺言で遺体の処理を決められますか

遺言で遺体の処理を決める事は出来ます。 ただし、法的な強制力は無いとされています。 遺体の処理には埋葬と火葬がありますが、遺体の所有権は祭祀主催者にありますので、遺体の処理については祭祀主催者に任される事となります。 た・・・

遺言書が無効とならないように

特に自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所での「検認」が必要です。 検認は単に、遺言書が相続人によって書かれた事を確認するもので、法的に正しいかどうかは解りません。 自筆ですから、自分一人で書籍など参考に作ったものです。けれど・・・

遺留分の放棄はできますか?

遺留分は相続か開始した後であれば放棄できます。逆に、相続が始まるまで放棄は出来ない事になっています。 ただし、相続開始前に遺留分を放棄するには家庭裁判所の許可が必要となります。 よく聞かれる事に、「相続人の1人が遺留分を・・・

債務は遺産分割できますか

債権についての相続と同様に債務も相続できますが、これは法定相続に応じて、各相続人が負担する事となります。 つまり、特定の1人が債務を全て相続・・・は出来ません。 言い換えると、遺産分割協議の対象にはならないという事になり・・・

「相続人の廃除」あれば遺産を渡さなくても済みますか

法定相続人に対して、遺産を承継させないためには、「相続人の廃除」は有効な手段であると思います。 しかし、相続人の廃除は、家庭裁判所の審査が必要で、相続人の廃除は簡単に認められるものではなく、認められるためには、相続人に当・・・

お葬式代の遺族への立て替え請求

まず、相続人(遺族)は誰か?を調べる必要があります。 ところが残念ながら、「友人」の立場では市役所など亡くなった方の住民票や戸籍から相続人を捜す事はできません。 亡くなった友人の遺品から相続人を推定してお手紙を出して、協・・・

夫の兄弟と私が相続人ですが、その相続人の所在が不明

ご主人のご両親が結婚された時の戸籍を取得してください。戸籍は本籍を代わる毎に作成されますので、現在の本籍地が出生された本籍地でなければ、本籍地が代わる前の本籍地へ戸籍を請求する事となります。 ご主人のご両親が結婚された時・・・

独身の姉(87歳)が亡くなりました私が姉の相続人です。姉の財産の所在がわからない

財産のうち、不動産はお姉様のお住まいの市区町村で名寄せ帳を請求する事で判明します。 ただし、お住まい以外の地域の不動産をお持ちの場合は、固定資産税の納税通知書などがないと、かなり難しくなります。 預貯金については、遺品か・・・

相続が開始し、名義変更となれば、様々なところで戸籍謄本が請求されます。1通750円もしますが、それぞれ原本が必要なのでしょうか

戸籍謄本は使い回しが出来ます。例えば銀行などではコピーを取って原本を返してくれますし、法務局へ名義変更する際も、原本還付請求によって返してもらえます。 ただし、銀行の職員がコピーする場合など、他の方へコピーを依頼する際は・・・

父が亡くなりましたが、父の不動産は、父の祖父の名義のままです。この場合の名義変更はどうすれば宜しいでしょうか

意外と多く見かける事例です。 基本的には祖父から、父又は母へ、そして、そのお子さまへという2つの流れとなります。 そのため、遺産分割協議書の書き方に工夫が必要となります。 この場合、被相続人が祖父と父の2名となりますので・・・

遺産分割協議の注意点(争続をさけるポイント)

相続をスムーズに進めるためには3つポイントがあります。 1 節税 2 納税 3 争続対策 1は出来るだけ親→子→孫と財産の保全が大切です。 2の納税は人口の5%程度しか関係しませんが、資産がある場合は納税資金の確保が大切・・・

債権は遺産分割できますか?

もちろん、遺産分割は出来ます。 ただし、これは債権譲渡と同じ意味を持つことから、対抗要件が必要となります。 対抗要件というのは、他の人に対し、主張できるようにするものですが、それは、 1 債務者に対する通知 2 債務者の・・・

遺産分割協議書が作成出来ない場合

遺産分割協議書には、相続人全員(財産を貰う人も貰わない人も)の押印が必要となります。 ところが、相続人が全国に分散している場合、遺産分割協議書への押印は、かなり困難となります。たとえば、相続人が5人いて、郵送して全員の押・・・

4 贈与について

1) 贈与について 1 贈与とは、財産の所有者が特定の者へ財産を生前に譲渡する契約である。それには所有者と特定の者との間に承諾が必要である。 なお、現行税法では年間1人につき110万円。或いは「相続時精算課税」適用では、・・・

3 遺言

3 遺言 遺言 遺言とは、私有財産制の下、所有財産の処分の自由(人生最後の意思)を遺言者の死後にまで認める制度であり、円満な争いのない 相続を実現するために、財産を整理し、そのわけ方を決めて、その意思表示をし、承継者を決・・・

2 遺産分割

2 遺産分割 1)遺産分割 A) 遺産の分割は、遺産に属するもの又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、 職業、心身の状態および生活の状況 その他一切の事情を考慮してなされる(民906)。被相続人が遺言で禁じた場合を除き・・・

1 相続について(相続と遺言)

1 相続について(相続と遺言) 相続とは、人の死によってその人の財産法上の地位が特定の者に継承されることです。 相続が行われる理由・・・・ A) 相続財産の中には、遺族のバックアップによるものがある(内助の功など)。 B・・・

相続放棄の延長

相続放棄をするには「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述手続きをしなければなりません。 この3ヶ月を過ぎると、単純承認といって、相続した事になります。 相続放棄は、こ・・・

遺言書を書くように親に話しているのですが、書いてくれません。どうしたら宜しいでしょうか?

意外と多い質問です。 遺言書を書いてと言って「財産目当て」と、あらぬ疑いをかけられて困ったという話を聞いた事もあります。 この問題は、とても難しいと思っています。 先ず、高齢になれば何事も面倒に思えてきますし、そもそも、・・・

特別受益は相続が始まると、相続財産とみなされるのでしょうか?また、「特別受益の持ち戻し」の方法があると聞きました

特別受益とは、親の生前、結婚資金や住宅取得資金など出して貰ったようなケースをいいます。 相続分以上の特別受益を受けた者には相続分はありません。それを証明するものとして「相続分がないことの証明書」です。 これがあれば、その・・・

法律として法定相続があるのになぜ、相続問題は起こるのですか?

そもそも、財産は財産を残す方の自由に処理してしかるべきものです。 相続財産の全てを社会貢献の為に寄付しても良いのです。 ところで、法定相続とは、財産を残す方の意志が分からない場合に利用する程度であり、法定相続を無視して、・・・

私が死んだら、ペットのシロを、誰かに面倒見てもらいたい、どうすればいい?

ペットの世話をしてくれる人を探し、その人にペットの世話という義務を負担してもらう代わりに財産を贈与(遺贈)する方法が考えられます。 これは、負担付贈与という方法です。ただし、負担付遺贈は、放棄する事も可能です。 また、最・・・

ペットの世話をしてもらう代わりに、負担付遺贈をしたのに、ペットの世話を怠ったりしたら、それが不安なのですが。

遺言書では財産処分だけでなく、ペットの世話などを決めておく事ができます。 つまり、自分の死亡を原因として、ペットの世話をお願いする=義務を負わせる 代わりに、一定の財産を贈与する契約書です。 ところで、世話を頼んだ人がき・・・

子供たちは立派に独立しているので、私の財産の一部は、盲導犬協会に寄付したいのですが。

自分の死後に自治体、公益団体などに寄付を行うことは法律上、遺贈となります。 寄付を確実に行うには、遺言書の中に、どのような団体に、どんな財産を寄付するかを明記する必要があります。 ただし、事前に寄付の受け入れ先に、遺贈を・・・

相続人不存在の場合の相続財産はどうなりますか?

相続が発生しても相続人がいなければ、財産は国のものになります。これはご存知の方もいるかと思います。 では、相続人が居ないとはどういう事でしょうか? まず、お子様が居ない。お子様がいれば、財産はお子様へ相続されます。 次に・・・

相続人の所在が不明な場合の相続は?

相続をしようとしても、相続人の所在が不明な場合はどうするのでしょうか? 戸籍を調べ、住所を調べてもそこに住んでいない場合などです。 ちょっと面倒ですが、相続財産管理人を選任します。 今回の場合は、不在者の財産管理人を選任・・・

贈与税と相続について教えてください。

相続の相談を受けていて、よく贈与の話がでてきます。話を伺ってみると、混乱する原因として贈与税に2種類あるからことが理由に思えてきました。 2種類というのは「暦年課税」と「相続時精算課税」です。この時点で、もう勘弁してくれ・・・

相続分なきことの証明と相続放棄の違いについて教えてください。

父が亡くなり「相続分なきことの証明書」と言って、兄から「相続分の無きことの証明書」に判を押して欲しいと言われ、判を押してしまいましたが、この書類の意味が解りません。教えて下さいという問い合わせがありました。 「相続分のな・・・

限定承認は得ですか、損ですか?どんな意味がありますか?

たまに、「亡くなった父は、不動産を持っていましたが、借金もいくらかあるようです。相続財産の債務と、財産のどちらが多いのか解りません。 限定承認を選択した方が得でしょうか?」のような相談があります。 相続開始3ヶ月間は、相・・・

高齢者資産管理とはなんですか?

田舎で一人暮らしをしている年老いた母は、最近物忘れがひどく、銀行でお金をおろすときに、住所や電話番号がわからなくなったり、買った物を家に届けてもらっても、自分で購入したことを忘れてしまったりすることがあります。普段はしっ・・・

身元保証は相続されますか?

亡くなった夫は友人の就職の際に、身元保証人になっていました。夫が亡くなった後も、私が引き続き身元保証人にならなければいけないのでしょうか? 身元保証人は、ご主人と、お友達との間の信頼関係で成立している契約です。ですから、・・・

連帯保証は相続されますか?

亡くなった主人は、友人の事業資金を銀行から借り入れたときの連帯債務者となっていました。 この債務も相続しなくてはいけないのですか? という質問です。 連帯債務も相続されます。 連帯債務者の一人が死亡し、複数の相続人が共同・・・

生前に相続放棄できますか?

意外に多い質問のような気がします。 質問としては 「わが家は親族関係が大変複雑で遺産相続争いになるのは確実です。父はまだ元気ですが、一切関わりを持ちたくないので、生前に相続の放棄をしておきたいのですが、どうしたらいいでし・・・

行方不明者が居る場合相続人の代理人は可能でしょうか?

遺産分割協議を行いたくても、相続人の一人が失踪中など、そのような場合はどうすればよいでしょうか? たとえば、弟が失踪中なので、遺産分割協議には弟の嫁に出て貰おうと思いますが、それは可能でしょうか? 共同相続人から家庭裁判・・・

住民票の除票と戸籍の保管期間について教えてください。

住民票の除票の保管期間は5年、戸籍は80年です。 亡くなった方の住民票は住民票の除票となり、保管期間は5年です。 何年も前に無くなった遠い親戚の方の不動産の名義変更が必要となって、その方の相続人を捜す事を想像してみてくだ・・・

戸籍又は除籍が、火災などで滅失した場合、どのような証明で代用されるのでしょうか?

関東大震災をはじめ様々な原因で戸籍が焼失する場合があります。 戸籍が確認でいない事により推定相続人の確認が出来ない場合もあります。 この場合、名義変更など出来ない事となり困った事になりかねません。 このような場合には、戸・・・

妻の寄与分は権利として主張できますか?

私の妻は、長男の嫁と言う事で、20年以上に渡って、私の父を介護してくれました。 相続において、妻の寄与を権利として、主張出来ますか? 奥樣は、亡くなられたお父様の相続人ではありませんが、共同相続人であるご主人の「履行補助・・・

娘の離婚による財産分与請求権と、慰謝料請求権の相続はどうなりますか?

娘は夫の暴力に我慢できず、離婚しました。 しかし財産分与や慰謝料の請求前に、娘は交通事故で亡くなりました、私は娘の離婚による財産分与請求権と、慰謝料請求権を相続出来ますか? お嬢さん本人の請求時よりも分与額は少なくなって・・・

相続財産を二人分もらえる人は?

よくあるケースとして、被相続人(財産を残して亡くなる方)が自分の孫を養子にするケースでもっとも多く見かけます。 こういったケースの場合、孫の親が被相続人より先に亡くなれば、孫は養子としての相続分と親の代襲相続人としての相・・・

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.