「相続全般」の記事一覧

心配のない相続と心配な相続

相続全般について、いつも思う事は、そのタイミングです。 相続が始まって、例えば、相続税が発生するから10ヶ月以内に・・・ など、なにか期限があれば、なにかアクションを取る必要があると思うのですが、相続税を払う程、財産もな・・・

お葬式代の遺族への立て替え請求

まず、相続人(遺族)は誰か?を調べる必要があります。 ところが残念ながら、「友人」の立場では市役所など亡くなった方の住民票や戸籍から相続人を捜す事はできません。 亡くなった友人の遺品から相続人を推定してお手紙を出して、協・・・

相続放棄の延長

相続放棄をするには「自己のために相続の開始があったことを知ったとき」から3ヶ月以内に家庭裁判所に相続放棄の申述手続きをしなければなりません。 この3ヶ月を過ぎると、単純承認といって、相続した事になります。 相続放棄は、こ・・・

遺言書を書くように親に話しているのですが、書いてくれません。どうしたら宜しいでしょうか?

意外と多い質問です。 遺言書を書いてと言って「財産目当て」と、あらぬ疑いをかけられて困ったという話を聞いた事もあります。 この問題は、とても難しいと思っています。 先ず、高齢になれば何事も面倒に思えてきますし、そもそも、・・・

特別受益は相続が始まると、相続財産とみなされるのでしょうか?また、「特別受益の持ち戻し」の方法があると聞きました

特別受益とは、親の生前、結婚資金や住宅取得資金など出して貰ったようなケースをいいます。 相続分以上の特別受益を受けた者には相続分はありません。それを証明するものとして「相続分がないことの証明書」です。 これがあれば、その・・・

法律として法定相続があるのになぜ、相続問題は起こるのですか?

そもそも、財産は財産を残す方の自由に処理してしかるべきものです。 相続財産の全てを社会貢献の為に寄付しても良いのです。 ところで、法定相続とは、財産を残す方の意志が分からない場合に利用する程度であり、法定相続を無視して、・・・

安楽死と尊厳死の違いはどこにありますか?

安楽死には2種類あります。 一つは死に直面し苦しむ患者の苦痛を緩和して楽に死なせる積極的なもの、もう一つはモルヒネなどで延命措置はしないものの、自然な死期を迎えさせる消極的なものがあります。 ただし、前者の積極的なものは・・・

私が死んだら、ペットのシロを、誰かに面倒見てもらいたい、どうすればいい?

ペットの世話をしてくれる人を探し、その人にペットの世話という義務を負担してもらう代わりに財産を贈与(遺贈)する方法が考えられます。 これは、負担付贈与という方法です。ただし、負担付遺贈は、放棄する事も可能です。 また、最・・・

相続人が居ない方の相続が発生した場合、どうなりますか?

たとえば、同居のパートナー(籍は入れていない)が、病気の看病をしたり、お葬式の費用など実際の費用を負担されたとします。その時の費用を請求する事は可能(あくまで裁判所が決める事なので、可能性とします)です。 方法は最初に相・・・

相続人不存在の場合の相続財産はどうなりますか?

相続が発生しても相続人がいなければ、財産は国のものになります。これはご存知の方もいるかと思います。 では、相続人が居ないとはどういう事でしょうか? まず、お子様が居ない。お子様がいれば、財産はお子様へ相続されます。 次に・・・

相続人の所在が不明な場合の相続は?

相続をしようとしても、相続人の所在が不明な場合はどうするのでしょうか? 戸籍を調べ、住所を調べてもそこに住んでいない場合などです。 ちょっと面倒ですが、相続財産管理人を選任します。 今回の場合は、不在者の財産管理人を選任・・・

旧樺太の戸籍の取得について

旧樺太の戸籍謄本は第2次世界大戦がありました関係で、6つの村の分、しかもそれが全てというわけではありません。 外務省のサイトからの引用です。 旧樺太の戸籍(除籍)簿は殆どが戦乱により失われましたが,下記の6ヶ村については・・・

贈与税と相続について教えてください。

相続の相談を受けていて、よく贈与の話がでてきます。話を伺ってみると、混乱する原因として贈与税に2種類あるからことが理由に思えてきました。 2種類というのは「暦年課税」と「相続時精算課税」です。この時点で、もう勘弁してくれ・・・

相続分なきことの証明と相続放棄の違いについて教えてください。

父が亡くなり「相続分なきことの証明書」と言って、兄から「相続分の無きことの証明書」に判を押して欲しいと言われ、判を押してしまいましたが、この書類の意味が解りません。教えて下さいという問い合わせがありました。 「相続分のな・・・

限定承認は得ですか、損ですか?どんな意味がありますか?

たまに、「亡くなった父は、不動産を持っていましたが、借金もいくらかあるようです。相続財産の債務と、財産のどちらが多いのか解りません。 限定承認を選択した方が得でしょうか?」のような相談があります。 相続開始3ヶ月間は、相・・・

高齢者資産管理とはなんですか?

田舎で一人暮らしをしている年老いた母は、最近物忘れがひどく、銀行でお金をおろすときに、住所や電話番号がわからなくなったり、買った物を家に届けてもらっても、自分で購入したことを忘れてしまったりすることがあります。普段はしっ・・・

株券は相続出来ますか?

もちろん相続の対象となりますが、株主の名義を書き換えないといけません。 そのため、相続人は、株式の発行会社または名義書換代理人(発行会社から、名義書換の依頼を受けている信託銀行、証券代行会社)に、株主名簿の名義書換を請求・・・

ゴルフ会員権の相続について教えてください。

実は全てのゴルフ会員権が同じ扱いというわけではありませんが、 たとえば、一般的な預託会員制のゴルフ会員権については、会則に会員の死亡を資格喪失事由とする定めがある場合は、つまり、死亡した場合は会員権の資格が無くなるという・・・

身元保証は相続されますか?

亡くなった夫は友人の就職の際に、身元保証人になっていました。夫が亡くなった後も、私が引き続き身元保証人にならなければいけないのでしょうか? 身元保証人は、ご主人と、お友達との間の信頼関係で成立している契約です。ですから、・・・

連帯保証は相続されますか?

亡くなった主人は、友人の事業資金を銀行から借り入れたときの連帯債務者となっていました。 この債務も相続しなくてはいけないのですか? という質問です。 連帯債務も相続されます。 連帯債務者の一人が死亡し、複数の相続人が共同・・・

尊厳死について教えてください。

尊厳死という言葉は残念ながら法律用語ではないようです。 意味としては「回復の見込みのない末期状態の患者に対し、生命維持治療を差し控え又は中止し、人間としての尊厳を保たせつつ、死を迎えさせること」です。 良く、畳の上で死に・・・

生前に相続放棄できますか?

意外に多い質問のような気がします。 質問としては 「わが家は親族関係が大変複雑で遺産相続争いになるのは確実です。父はまだ元気ですが、一切関わりを持ちたくないので、生前に相続の放棄をしておきたいのですが、どうしたらいいでし・・・

行方不明者が居る場合相続人の代理人は可能でしょうか?

遺産分割協議を行いたくても、相続人の一人が失踪中など、そのような場合はどうすればよいでしょうか? たとえば、弟が失踪中なので、遺産分割協議には弟の嫁に出て貰おうと思いますが、それは可能でしょうか? 共同相続人から家庭裁判・・・

住民票の除票と戸籍の保管期間について教えてください。

住民票の除票の保管期間は5年、戸籍は80年です。 亡くなった方の住民票は住民票の除票となり、保管期間は5年です。 何年も前に無くなった遠い親戚の方の不動産の名義変更が必要となって、その方の相続人を捜す事を想像してみてくだ・・・

戸籍又は除籍が、火災などで滅失した場合、どのような証明で代用されるのでしょうか?

関東大震災をはじめ様々な原因で戸籍が焼失する場合があります。 戸籍が確認でいない事により推定相続人の確認が出来ない場合もあります。 この場合、名義変更など出来ない事となり困った事になりかねません。 このような場合には、戸・・・

妻の寄与分は権利として主張できますか?

私の妻は、長男の嫁と言う事で、20年以上に渡って、私の父を介護してくれました。 相続において、妻の寄与を権利として、主張出来ますか? 奥樣は、亡くなられたお父様の相続人ではありませんが、共同相続人であるご主人の「履行補助・・・

特別受益とはどういう意味ですか?

民法は、相続人が平等に相続することを基本に、法定相続分としていますが、共同相続人の中に、生前贈与、又は遺贈によって被相続人から多額の資産を受け 取った相続人が居た場合、生前贈与や、遺贈分を計算に入れず、遺産分割すると、そ・・・

娘の離婚による財産分与請求権と、慰謝料請求権の相続はどうなりますか?

娘は夫の暴力に我慢できず、離婚しました。 しかし財産分与や慰謝料の請求前に、娘は交通事故で亡くなりました、私は娘の離婚による財産分与請求権と、慰謝料請求権を相続出来ますか? お嬢さん本人の請求時よりも分与額は少なくなって・・・

相続財産を二人分もらえる人は?

よくあるケースとして、被相続人(財産を残して亡くなる方)が自分の孫を養子にするケースでもっとも多く見かけます。 こういったケースの場合、孫の親が被相続人より先に亡くなれば、孫は養子としての相続分と親の代襲相続人としての相・・・

相続・遺贈・贈与の違いについて教えてください

相続・遺贈・贈与はよく耳にしますが、中身はちょっと違います。 財産を渡す人が亡くなった事を原因として、その相続人に対して財産を譲るのが相続で、第三者に対するものが、遺贈となります。 さらに、贈与とは、して単に、ある人に財・・・

代襲相続の注意点・養子の子の代襲相続

代襲相続は、被相続人(財産を残して亡くなった方)の死亡以前に相続になるはずだった子が死亡や、一定の理由(相続欠格・相続にの廃除)で相続権を失った時は、その者の子、つまり孫が代わって相続できる事をいいます。 この相続人にな・・・

相続放棄をする前に確認する大切な事はなんですか

相続放棄については放棄を参照してください。 ここでは相続放棄する際の大切な事を記します。 1 先ず、放棄すると、初めから相続人ではなかった事となります。その結果、次の2~5の4つの事が発生します。 2 同順位の他の相続人・・・

相続欠格とは

相続欠格とは、本来、相続人となるべき人が相続する権利を奪われる場合がありますが、その一つです。 たとえば 1 被相続人や先順位や同順位の相続人を殺害や、しようとして刑を受けた人 2 被相続人が殺された事を知りながら、告訴・・・

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ