「遺産分割」の記事一覧

農地は遺産分割できますか

農地も土地という財産と同じですから遺産分割はできます。 しかも、通常の農地の譲渡と異なり、相続による農地の移転、遺産分割による農地所有権の移転について知事の許可は不要です。 但し、農業基本法16条で農地の零細化は好ましく・・・

遺留分の放棄はできますか?

遺留分は相続か開始した後であれば放棄できます。逆に、相続が始まるまで放棄は出来ない事になっています。 ただし、相続開始前に遺留分を放棄するには家庭裁判所の許可が必要となります。 よく聞かれる事に、「相続人の1人が遺留分を・・・

債務は遺産分割できますか

債権についての相続と同様に債務も相続できますが、これは法定相続に応じて、各相続人が負担する事となります。 つまり、特定の1人が債務を全て相続・・・は出来ません。 言い換えると、遺産分割協議の対象にはならないという事になり・・・

マンションの賃料も遺産分割の対象となりますか?

相続開始後、遺産分割までに相続財産から発生した賃料は、相続財産ではありません。 しかし、共同相続人の間で合意が出来れば、遺産と一緒に遺産分割の対象とすることが出来ます。 尚、この場合、遺産分割協議書を作成し、相続人全員で・・・

遺産分割がうまくいかないと、どうなりますか

相続が始まって、相続財産をどう分けるかは、相続人同士の話し合いでまとまれば、遺産分割協議書を作成し、それに従って、分けていきます。例えば不動産の相続による名義変更にはこの、遺産分割協議書が必要となります。 ところが残念な・・・

痴呆と遺産分割協議書

相続が始まると、不動産の名義変更など、遺産分割協議書が必要となる場合があります。 もし、相続人の中に痴呆の方(多くの場合祖父母や両親などですが・・・)が居た場合、遺産分割協議書が作成できるかどうか問題となります。 残念な・・・

寄与分がある場合の相続財産の分け方について

寄与分については相続基礎をご覧いただければと思いますが、相続の相談でよく話題となるのは寄与分がある場合の遺産分割です。 寄与分の計算が一番大事な点となりますが、解りやすい寄与分としては 1 事業が傾いた際に援助した 2 ・・・

子供が受取人の生命保険金も遺産分割の対象ですか

父が亡くなり、生命保険の受取人が私になっていました。 しかし、別の兄弟から、生命保険金も平等に分けるべきだと、言われました。生命保険金も遺産分割しないといけないのでしょうか? 特定の人が保険金の受取人と指定されている場合・・・

香典や遺骨も遺産分割の対象か?

父の葬儀で、長男である私が喪主と成りましたが、弟が、香典や、父の遺骨、お墓や位牌、仏壇まで自分にも相続権があると主張しますが、これらも遺産分割の対象となるのでしょうか? まず、香典は一般的には喪主の負担を軽くすると言う相・・・

「相続人の廃除」あれば遺産を渡さなくても済みますか

法定相続人に対して、遺産を承継させないためには、「相続人の廃除」は有効な手段であると思います。 しかし、相続人の廃除は、家庭裁判所の審査が必要で、相続人の廃除は簡単に認められるものではなく、認められるためには、相続人に当・・・

夫の兄弟と私が相続人ですが、その相続人の所在が不明

ご主人のご両親が結婚された時の戸籍を取得してください。戸籍は本籍を代わる毎に作成されますので、現在の本籍地が出生された本籍地でなければ、本籍地が代わる前の本籍地へ戸籍を請求する事となります。 ご主人のご両親が結婚された時・・・

独身の姉(87歳)が亡くなりました私が姉の相続人です。姉の財産の所在がわからない

財産のうち、不動産はお姉様のお住まいの市区町村で名寄せ帳を請求する事で判明します。 ただし、お住まい以外の地域の不動産をお持ちの場合は、固定資産税の納税通知書などがないと、かなり難しくなります。 預貯金については、遺品か・・・

相続が開始し、名義変更となれば、様々なところで戸籍謄本が請求されます。1通750円もしますが、それぞれ原本が必要なのでしょうか

戸籍謄本は使い回しが出来ます。例えば銀行などではコピーを取って原本を返してくれますし、法務局へ名義変更する際も、原本還付請求によって返してもらえます。 ただし、銀行の職員がコピーする場合など、他の方へコピーを依頼する際は・・・

父が亡くなりましたが、父の不動産は、父の祖父の名義のままです。この場合の名義変更はどうすれば宜しいでしょうか

意外と多く見かける事例です。 基本的には祖父から、父又は母へ、そして、そのお子さまへという2つの流れとなります。 そのため、遺産分割協議書の書き方に工夫が必要となります。 この場合、被相続人が祖父と父の2名となりますので・・・

遺産分割協議の注意点(争続をさけるポイント)

相続をスムーズに進めるためには3つポイントがあります。 1 節税 2 納税 3 争続対策 1は出来るだけ親→子→孫と財産の保全が大切です。 2の納税は人口の5%程度しか関係しませんが、資産がある場合は納税資金の確保が大切・・・

相続による銀行預金の解約は大変ですか

遺産分割の際、銀行など金融機関の解約の手続きがあります。 経験された事のある方はおわかりと思いますが、本当に面倒な作業です。 特に遺言書もなく、相続人の一人が代表で解約し、口座へ振り込む手続きをする場合、 1 戸籍唐本(・・・

債権は遺産分割できますか?

もちろん、遺産分割は出来ます。 ただし、これは債権譲渡と同じ意味を持つことから、対抗要件が必要となります。 対抗要件というのは、他の人に対し、主張できるようにするものですが、それは、 1 債務者に対する通知 2 債務者の・・・

遺産分割協議書が作成出来ない場合

遺産分割協議書には、相続人全員(財産を貰う人も貰わない人も)の押印が必要となります。 ところが、相続人が全国に分散している場合、遺産分割協議書への押印は、かなり困難となります。たとえば、相続人が5人いて、郵送して全員の押・・・

特定の相続人へ財産が相続されないようにするには

残念ながら遺留分という制度がありますので、特別な事情がない限り難しいと思われます。 特別な場合というのは 1.  相続人廃除 2.  相続欠格者 です。 相続人廃除は、自分に対し著しい非行、例えば虐待などあった場合、家庭・・・

亡くなる前に、友人から自分のお金を自分の子供へ全て渡して欲しいと言って、通帳を預かりました

亡くなる前に、友人から自分のお金を自分の子供へ全て渡して欲しいと言って、通帳を預かりました。言われたとおりに、亡くなった方のお子様に通帳をあげていいですか? この場合、お子様へ通帳を渡すところまでは問題ありませんが、これ・・・

遺留分の請求(遺留分減殺請求)をしたいと思いますが、先ず何から始めるとよいでしょうか

遺留分を請求したいときには、どのようなことをすることが必要になるでしょうか。 まず、最初に「遺留分を請求します」という意志表示が必要となります。 なぜなら、相続の開始、及び、減殺すべき贈与、又は、遺贈のあった事、を、相続・・・

相続が開始して戸籍を調べたところ、一度も会ったことのない面識のない相続人がいる事が判明しました

所在不明の相続人がいる場合は、どうしたらいいでしょうか。 遺産分割となると、相続人であれば、当然にこれまでにまったくお会いした事のない相続人の方の戸籍謄本等も必要となります。 そういった場合、まずは、その方の戸籍謄本を集・・・

会社へ貸した土地の相続

私の土地を私の会社へ貸しているのですが、この土地の相続はどうしたら宜しいでしょうかという質問です。 遺言で後継者となる子供へ単独相続させるか、或いは節税を含め、奥様がいれば奥様とお子様等との共有にしてもよいかと思います。・・・

養子と実子では相続分に差がありますか?また、特別養子の場合はどうですか

養子と実子とでは、相続分に差はありません。 特別養子の場合も同じです。 養子は縁組の日から養親の嫡出子たる身分を取得します(民法809条) ので、嫡出子たる実子と同じ相続分を有します。 ただし、普通養子が実父母との関係も・・・

相続人の一部に寄与分が認められる場合、遺留分の計算はどうなりますか

条文では、遺産分割が開始した場合、遺留分により寄与分を減殺する事はできません。 また、寄与相続人を含む相続人から遺贈を受けた第三者に対する減殺請求に際し、寄与者が寄与分を有する事は遺留分の増減に影響せず、寄与者を含めた遺・・・

遺産分割をした後に他にも遺産があったことが判明した場合、どのようになりますか

最初に行われた遺産分割が当事者が有効と認めた場合は、後から判明した財産についても当事者の話合いによる遺産分割で問題ありません。 しかし、無効の場合は、判明した財産を含めて新たに遺産分割をやりなおす事になります。 ちなみに・・・

名義預金について教えてください

名義預金等とはなんでしょうか? 聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は身近かもしれませんが、名義預金の遺産分割は問題となります。。 形としては配偶者や子・孫などの名前で預金しているものの、収入等から考えれば、実質的にはそ・・・

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ