遺産分割協議の注意点(争続をさけるポイント)

相続をスムーズに進めるためには3つポイントがあります。

1 節税

2 納税

3 争続対策

1は出来るだけ親→子→孫と財産の保全が大切です。

2の納税は人口の5%程度しか関係しませんが、資産がある場合は納税資金の確保が大切です。

問題なのはやはり3の争続。

テレビのキャスターは亡、ミヤコ蝶々さんの遺産分割協議が5年かかったと言っておりましたが、相続人の協議で決まらなければ調停など裁判所での手続きとなります。

争族にならない協議にするには次のポイントがあると思います。

1) 相続人全員で行い、相続人以外は親族であっても協議に加えない。外野が出てくると、時間は二倍三倍となりますし、もめるケースが多いようです。

2) 相続財産は生前贈与も含め、全てオープンとする。遺産分割協議となれば、オープンになりますので始めからオープンにしましょう。

3) 2)とは反する事になりますが、オープンにしないで済む財産は、相続が発生する前に対策を行う。生前贈与であっても、贈与のタイミングでは、敢えて開示する必要もない場合も多いからです。

とはいえ、相続は相続の数だけ状況は異なります。具体的には、専門家へ相談する事をお勧めします。

関連するページ

相続発生前の対策

遺産分割の方法、分割協議書の作成

相続登記八王子

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ