そもそも、財産は財産を残す方の自由に処理してしかるべきものです。

相続財産の全てを社会貢献の為に寄付しても良いのです。

ところで、法定相続とは、財産を残す方の意志が分からない場合に利用する程度であり、法定相続を無視して、相続人の間で、例えば3人兄弟の内、三男へ全財産を相続さえるといった事を相続人全員で協議して決める事が出来ます。

財産を残す方の意志が一番優先され、その次に相続人全員の合意が優先され、その後に法定相続があると考えてよいでしょう。

ではなぜ、相続問題が起こるか?

それは、例えば、全財産を三男へ・・と決めても遺留分があります。

また、法定相続族で決めた・・としても、無くなる前に介護など、相続人の為に寄与した方は、法定相続では納得できない事も沢山あるでしょう。

また、生前に家を買って貰った等々、相続人の間でも不公平感もあるものです。

そのため、単純に法定相続という計算で、分けるというは、本来、無理がある制度でもあるのです。

相続問題はある意味、あって、当たり前と考えたほうが良いかもしれません。

関連するページ

遺留分減殺請求について

協力しない相続人対策
相続登記八王子