相続のQ&A・相続の疑問・質問に答えます|八王子相続遺言プロ事務所

相続で疑問に思った事をここで解決!八王子の相続と遺言の専門事務所です。

「遺産分割」の記事一覧

農地は遺産分割できますか

農地も土地という財産と同じですから遺産分割はできます。 しかも、通常の農地の譲渡と異なり、相続による農地の移転、遺産分割による農地所有権の移転について知事の許可は不要です。 但し、農業基本法16条で農地の零細化は好ましく […]

遺留分の放棄はできますか?

遺留分は相続か開始した後であれば放棄できます。逆に、相続が始まるまで放棄は出来ない事になっています。 ただし、相続開始前に遺留分を放棄するには家庭裁判所の許可が必要となります。 よく聞かれる事に、「相続人の1人が遺留分を […]

債務は遺産分割できますか

債権についての相続と同様に債務も相続できますが、これは法定相続に応じて、各相続人が負担する事となります。 つまり、特定の1人が債務を全て相続・・・は出来ません。 言い換えると、遺産分割協議の対象にはならないという事になり […]

痴呆と遺産分割協議書

相続が始まると、不動産の名義変更など、遺産分割協議書が必要となる場合があります。 もし、相続人の中に痴呆の方(多くの場合祖父母や両親などですが・・・)が居た場合、遺産分割協議書が作成できるかどうか問題となります。 残念な […]

香典や遺骨も遺産分割の対象か?

父の葬儀で、長男である私が喪主と成りましたが、弟が、香典や、父の遺骨、お墓や位牌、仏壇まで自分にも相続権があると主張しますが、これらも遺産分割の対象となるのでしょうか? まず、香典は一般的には喪主の負担を軽くすると言う相 […]

債権は遺産分割できますか?

もちろん、遺産分割は出来ます。 ただし、これは債権譲渡と同じ意味を持つことから、対抗要件が必要となります。 対抗要件というのは、他の人に対し、主張できるようにするものですが、それは、 1 債務者に対する通知 2 債務者の […]

遺産分割協議書が作成出来ない場合

遺産分割協議書には、相続人全員(財産を貰う人も貰わない人も)の押印が必要となります。 ところが、相続人が全国に分散している場合、遺産分割協議書への押印は、かなり困難となります。たとえば、相続人が5人いて、郵送して全員の押 […]

2 遺産分割

2 遺産分割 1)遺産分割 A) 遺産の分割は、遺産に属するもの又は権利の種類及び性質、各相続人の年齢、 職業、心身の状態および生活の状況 その他一切の事情を考慮してなされる(民906)。被相続人が遺言で禁じた場合を除き […]

旧樺太の戸籍の取得について

旧樺太の戸籍謄本は第2次世界大戦がありました関係で、6つの村の分、しかもそれが全てというわけではありません。 外務省のサイトからの引用です。 旧樺太の戸籍(除籍)簿は殆どが戦乱により失われましたが,下記の6ヶ村については […]

株券は相続出来ますか?

もちろん相続の対象となりますが、株主の名義を書き換えないといけません。 そのため、相続人は、株式の発行会社または名義書換代理人(発行会社から、名義書換の依頼を受けている信託銀行、証券代行会社)に、株主名簿の名義書換を請求 […]

相続財産を二人分もらえる人は?

よくあるケースとして、被相続人(財産を残して亡くなる方)が自分の孫を養子にするケースでもっとも多く見かけます。 こういったケースの場合、孫の親が被相続人より先に亡くなれば、孫は養子としての相続分と親の代襲相続人としての相 […]

相続が開始して戸籍を調べたところ、一度も会ったことのない面識のない相続人がいる事が判明しました

所在不明の相続人がいる場合は、どうしたらいいでしょうか。 遺産分割となると、相続人であれば、当然にこれまでにまったくお会いした事のない相続人の方の戸籍謄本等も必要となります。 そういった場合、まずは、その方の戸籍謄本を集 […]

名義預金について教えてください

名義預金等とはなんでしょうか? 聞き慣れない言葉かもしれませんが、実は身近かもしれませんが、名義預金の遺産分割は問題となります。。 形としては配偶者や子・孫などの名前で預金しているものの、収入等から考えれば、実質的にはそ […]