相続税を建て替えて貰えるサービスは、まあ、便利なものですが、冷静になって考えると違和感を持ちます。

先ずは、その記事を引用しますと・・

相続の立て替え融資サービスを開始

・・・住友不動産販売
2013年08月15日
不動産の売買仲介を主力事業とする住友不動産販売(東京都新宿区)は8月6日から、三井住友銀行と提携し、相続税立て替え融資サービスを開始した。

サービスの対象者は、
(1)融資の実行時に20歳以上であること
(2)三井住友銀行東京営業部で銀行口座を開設すること
(3)同社と三井住友銀行の利用基準を満たしていることが条件となる。

 

便利な人には便利なサービスですが、これは税金の立替です。

つまり

日銀→銀行→立替サービス→相続税→・・・日銀

銀行は金利がほとんど0で借りますので、立替サービスの利息は民間企業のものです。

相続税+金利を利用者は支払うのですが、銀行だけが美味しい仕事だし、困っている方はやむなく借りるわけです。

いえ、銀行の仕事とはそもそも、そういったものですが、

せめて、相続税は分割払い制度を設けて、日銀貸し出し金利で借りられたら・・・と思ってしまいます。

え・・経済を知らない?  いえ、たんなる愚痴ですから・・すいません。

そもそも、個人的には相続税は、税制か改正されても、大丈夫ですから・・・

関連するページ

不動産の相続税対策

相続登記八王子

相続開始前の対策
am500_fo065