この制度の長所(メリット)と短所(ディメリット)を紹介します。

メリット

「生前に遺産分割できる」つまり、あげたい人に確実に渡す事ができる点です。

特に親にとっては余剰(必要性が高くない財産)の財産を子供へ住宅購入資金として活用できる点です。

もちろん、税金は相続が発生した際に「精算」する必要があります。

相続税対策としては、将来価格が上がるかもしれない、たとえば自社株など、価値が上がった時点で相続が発生しても、精算される関係で、贈与時の(価値が低い)計算となりますのでメリットがある事になります。

ディメリット

いま、税の話をしましたが、贈与時よりも価値が下がる、たとえば、住宅などは、贈与時に1000万円で建てた家は、相続時に価値が300万円に下がっても、計算上は、1000万円の価値として精算する事になります。

ただし、そもそも、相続税がかからない範囲であれば、このディメリットは帳消しとなります。

詳しい税制につきましては、国税庁のサイトをご覧ください。

関連するサイト

相続時精算課税の選択(国税庁)

不動産の相続税対策

相続登記八王子

am500_in112