「相続全般」の記事一覧

揉めない相続は正しい

相続で揉めて、悩んでいる方が、いらっしゃいます。 この場合、親戚の方を間に挟んだり、弁護士や、家庭裁判所を使って和解や調停、訴訟という形で解決される場合が多いようです。 仕事の範囲として、揉める話をお聞きする事はあります・・・

相続手続き費用の闇

相続は、お葬式と同じように人生に何度も経験するものではありません。 そのため、この手の費用は、これまで良く分かりませんでした。 しかしながら、葬儀のほうは、ネット上でもかなり競争があって、葬儀する方の意向で、贅沢だろうと・・・

アパートの連帯保証人の相続

借金の連帯保証人となって、大変な思いをする・・話は、芸能記事などにもあります。確かにお金を借りる際に、その保証人になる・・・というのは、法的には、連帯保証人がお金を借りる事と同じですから、そう簡単には、いわゆる判子を押す・・・

認知症と遺産相続

相続手続は、そもそも、手続であり、確かに面倒な事であっても、手順に従って行えば、時間と手間をかければ、なんとかなるものです。 ところが、相続人の中に認知症の方がいらっしゃる場合、問題となってきます。 事前に遺言書を作成し・・・

相続人の範囲

基本的な事ですが、案外、質問が多いところでなので、記します。 最初に考える事は「法定相続人」と「代襲相続人」 法定相続人は、亡くなった人の子と配偶者。もちろん、養子がいれば、養子も相続人です。さらに、「養子に出た子」も相・・・

相続遺言の小冊子プレゼント

10年ほど前に作成した小冊子が出てきました。 内容は、ネットで検索すれば出てくる程度ですが、まさに、防備録としてアップしておきます。 PDFでリンクを張っておりますので必要な方はダウンロードしてください。 内容は遺言書の・・・

第三者の介入で長引く相続手続き

よくある話ですが、相続人の配偶者や叔父が登場した場合、手続きが長引くことが多いような気がします。 相続は遺言書がなければ、法律で決まっているわけで、その通りに分けるか、ある意味、被相続人に貢献した方がその分を・・となるわ・・・

自分で相続手続き

相続手続きをご自身で行いたい・・・と思う方が増えているように思います。 確かに、相続手続きは面倒ですが、特に定年等々で時間の余裕のある方にとっては、一つの楽しみとして取り組まれる方もいらっしゃいます。 そこで、そんなご自・・・

相続手続の前

相続手続きと言えば、相続が始まった後の手続きの事です。 相続手続には様々なものがあります。例えば 1 不動産の名義変更 2 金融機関の解約変更(銀行や証券会社など) 3 相続税申請 もちろん、これらの手続きは、相続人でも・・・

サブコンテンツ

最近のコメント

    このページの先頭へ