昨日、みのり会主催の相続セミナー(於 こすもす斎場)にお呼び戴き、講師を勤めました。

事務所ではエンディングノートを用意し、参加者へ配布しました。

DSCN0799

書店に行けばエンディングノートは沢山、販売されておりますが、悪いとは決していいませんが、不要な記載が多すぎると思います。

これはある程度のボリュームにする必要からと思いますが、それでも

小学校時代の友達の名前は?

なんで、必要とは思いませんし、なにか勘違いしてしまいそうです。

これはエンディングノートのとらえ方の問題でもあります。

私は亡くなった時に必要となる情報を記したノートという位置付けで、作成しました。

内容は

葬儀と財産の場所の話です。

葬儀は特に宗教が家族で異なる場合、大切な事となりますし、通帳だって、何処にあるかわからなければ相続人が探さなければいけません。

引越等々で、そもそも、どの銀行か解らなければ、例えば八王子であれば、八王子の全ての金融機関を調査する事にもないかねません。

また、葬儀の時に誰を呼ぶかも悩むところです。しかも、親族である以上、それ以外にも沢山の事があり、ゆっくり考える暇もありません。

そんな時に、ノート・・・或いは、メモ書きでもいいので、そういった情報を記した書面があれば本当に助かると思います。

ご興味のある方はご連絡下さい。

上記の小冊子をプレゼントします・・10頁程です。

関連するページ

相続発生前の対策

58000円遺言作成