子供たちは立派に独立しているので、私の財産の一部は、盲導犬協会に寄付したいのですが。

自分の死後に自治体、公益団体などに寄付を行うことは法律上、遺贈となります。

寄付を確実に行うには、遺言書の中に、どのような団体に、どんな財産を寄付するかを明記する必要があります。

ただし、事前に寄付の受け入れ先に、遺贈を受けてもらえるかどうかを確認しておく必要があります。

たとえば現金以外の遺贈は、受け付けない団体もあります。 そのため、事前に寄付が可能な財産についても、確認しておくと、いいと思います。

さらに、寄付する予定の団体が相続が開始した際に存在しない場合、他の団体へ寄付するのか、或いは、親族の誰かに相続させる、或いは遺贈するのかを決めておくと良いでしょう。

なお、寄付の場合でも子供達から遺留分減殺請求があれば、それに従った財産が、請求したお子様へ相続される事となります。

さらに、この場合、遺言書を実行する方=遺言執行者 を定めておく必要がありますし、その費用等も定めておいたほうが良いでしょう。

一言で、自分の財産は寄付・・と言っても、それを現実のものとするには、それなりの準備が必要となります。

関連するページ

公正証書の遺言書作成

58000円遺言作成

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.