検認と無効について

自筆証書遺言の検認を経ない事を理由に遺言書の効力が無くなる事はありません。そういった意味では有効です。

但し、相続を原因とする所有権移転登記の申請の際、検認の無い自筆証書遺言書は不動産登記法によって却下される事となります。

もっとも、検認をへない……という段階で、すでに相続人の間で合意があれば、そもそも、検認しないで、あるいは無視して遺産分割協議書を作成して、遺産分割を行えば問題ありません。

そのため、検認を経ないと言っても、中味は相続人全員が理解したほうが良いか否かの判断は極めて難しいと思います。遺言書を見て気が変わるかもしれません。

もし、自筆証書遺言が封印されていれば、開封は家裁で行う必要ありますし、それ以外は科料となります。科料……といっても4万円程度ですので、場合によっては開封してもよいかもしれません。

この辺り、相続人同士の関係など、状況判断で……お願いします。

事務所では、遺言書は故人の遺志でもあるので、それに従うか否かは別としても、中味は相続人全員が理解する事をお勧めするようにしています。遺言書が無い 事を前提に遺産分割を行って、その後に、その遺言書が見つかった場合、既に分けてしまった財産について再度、協議をする事になるからです。

関連するページ

自筆証書遺言の検認

コメントを残す

サブコンテンツ

カテゴリー

このページの先頭へ