相模原市遺言・公正証書遺言

2000件以上の相談実績と安心価格で遺言書をサポートします。相模原市で公正証書遺言をお考えの方は、相模原公証役場に限らず、八王子、多摩、町田など、どちらの公証役場でも、公正証書遺言の作成サポートを行っています。お気軽にご相談ください。

相模原の遺言はおまかせください。

15年間以上、のべ2,000件以上の相続遺言の相談をおこなってまいりました。

おかげさまで、実務を通して様々な事例を学ぶ事ができました。

今は、それらの経験をお返しするつもりで、日々、遺言や、相続登記の専門事務所として、お客様に寄り添ったお手伝いをさせていただいております。詳しくは、ホッとする相続相談をご覧ください。

遺言書の作成には、書店に並んだ本や、専門知識だけでは十分ではありませんし、そこには「実務」が欠けているものが多くあります。遺言書の作成をサポートした経験+その遺言書に従った相続手続きの経験、この二つの経験が豊富でなければ本当に安心できる遺言書の作成は難しいのではないかと思います。

2004年から2012年末まで839MH、FMさがみ、お昼のランチボックス 暮らしの相談室に生出演しておりました。お気軽にご相談ください。

意外と多い、名義変更を行っていない不動産

遺言書を作成する場合、自分の親の不動産の名義変更をまだ、行っていないケースがよくあります。先ず、自分の財産を特定するためにも、未登記不動産の対策が必要です。

そのような場合でも安心してご相談ください。

相続登記パックをご用意しております。これは、通常の相続登記や遺産分割協議書、相続関係図の作成だけでなく、相続人全員からの署名や押印のサポートを加えたパックです。

相続人の方々、どんなに遠くにお住まいでも、もちろん、海外でも、国内と同じ感覚で相続手続きを行う事ができます。もちろん、公正証書遺言と同じ、安心価格の定額制です。

事務所が選ばれる理由「神奈川県相模原市」

選ばれる理由

業務についてのお支払いは、全てクレジットカードが使えます。
クレジットカード使えます

PCをご利用の方はお問い合わせメールフォームでお問い合わせください。
スマートフォンの方は、こちらのスマホ用お問い合わせメールフォームが便利です。SSL対応で、安全にご利用できます。

事務所の業務紹介

必要となる様々な手続きメニューをご用意しております。
遺言書に限らず、お気軽にご相談ください。

1 相続が始まる前の対策とは

代表的な対策としては、遺言書がありますが、最近では、終活やエンディングノート、又、新たな視点からの遺言信託もあります。

  • 終活を考える
  • 葬儀と相続について
  • エンディングノート
  • 相続が始まる前の対策について
  • 家族信託と遺言信託
  • 認知症と任意後見について。
  • 延命措置と尊厳死宣言について。

こちらでは、終活など様々な情報を提供しておりますので、ご参考にしてください。なお、家族信託では、公正証書にする事で遺言書の代用として、或いは、これまで遺言書ではカバー出来なかった部分も補う事ができます。

2 遺言書について

  • 遺言書の作り方ポイント解説。
  • 自筆証書遺言と公正証書遺言の作成をお手伝いします。        
  • 遺言書を補う家族信託と遺言信託

遺言書の作成の際、一番大切な事は、実務経験がどれだけあるかが大切となります。

私どもは、執行「遺言書の通りに手続きを行う事」の経験が相模原でも豊富にありますので、作成にあたっては、書物に書かれていないプロとしてのノウハウを盛り込む事が出来ます。
公正証書遺言は、相模原駅そばの公証役場を含め、全国の公証役場でも完成できます。
もちろん、作成した後の遺言書の執行サポートも行っています。

3 まとまらない遺産分割について

  • 協力しない、音信不通の相続人対策。

もっとも得意とする業務です。実は、この経験の豊富さが、遺言書の作成に生かされます。

大きな問題となれば、弁護士へ依頼するケースとなるため、実務として手がける相模原市内の事務所は案外少ないのではと思います。
事務所では、訴訟など弁護士の業務に関わらない範囲で相模原のお客様へサポートする事が出来ます。

4 基本は相続人は誰かを特定する事が基本です

  • 戸籍による相続人の調査・関係図の作成。

戸籍は必ず必要となる書面ですが、関係が複雑であったりとその取得には時間がかかるものも少なくありません。

戸籍がなければ、関係図の作成も出来ません。事務所では、関係図の作成のため、必要な相模原市以外の全ての戸籍も職権で取得する事が出来ます。

5 基本的な手続きについて

  • 遺産分割協議
  • 相続財産の分割        
  • 不動産の任意売却
  • 預貯金・証券の解約
  • 不動産の遺産分割・名義変更登記

預貯金解約で必要となる銀行の書式なども準備しております。
手続きの中には、放棄するという手段も必要となる場合があります。

  • 相続放棄について。

放棄の手続きは横浜家庭裁判所、相模原支部となります。決して難しい手続きではありませんが、債務の調査など行う場合、時間がかかる事がありますので、ご相談ください。

6 印鑑証明書だけで、全てを、又はピンポイントでもご依頼ください

相模原市の遺言書の作成、相続手続きについて

相模原市は他の地域と比べて、親族が集まりやすい傾向にあると思います。他の地域と比べると、遺産分割協議の際も集まり安い傾向があります。おそらく、たとえば就職の場合は都心部や横浜方面で働く方多いようで、地元から会社へ行けるという点があるのかもしれません。

地元にご親戚が多いとはいえ、親戚同士の間での温度差はあるものと思います。相続が始まり、親戚が集まり遺産分割の協議となれば、残念ながら、声の大きな方が指導権を握るケースもあります。

遺言書は、そういった温度差を解消する事もできます。ご親戚の間でも遺言書を遺す事で、遺言書の意思を明確にする事ができます。

遺言書の中で執行者を選任し、相続が始まり次第、その手続きを執行者に委ねる事ができます。この場合、他の相続人の同意など一切、必要ありません。

相続登記パックは、必ず執行者の選任を盛り込む形にしております。しかも、定額の58000円です。

事実、お世話になったご自身の姪や甥へ財産を遺したいという遺言者の方も多く,
その実現のために、遺言書を作成しております。

相模原市の遺言書は安心価格と実績でお選びください。

ページの先頭へ