相続に関連する実務解説です。
HPに書けなかった細かな事が中心となります。
お役に立てれば嬉しいです。

最新情報

相続開始時の財産
相続財産の範囲
相続財産の範囲は、大切にあるにも関わらず、「一身専属」という言葉で、「なんでもかんでも」という感じで曖昧に思う・・・
贈与
死因贈与の撤回について|贈与
遺贈の撤回は民法1022~1024条に規定されていますが、これらの規定にある「撤回の方法」は死因贈与の規定には・・・
遺言
特定遺贈|遺言
特定遺贈、とは、特定の具体的な財産的利益を遺贈の対象とすることをいいます。 たとえば、「○○の土地を、相続人の・・・
贈与
負担付贈与|贈与
負担付遺贈、とは、遺贈を受ける者に対して、遺贈とともに、一定のなんらかの法律上の義務を負担させるものをいいます・・・
特別受益
特別受益の意義|特別受益
相続における特別受益には、どのような意義があるのでしょうか。 共同相続人のうちで、被相続人の方から、その方が亡・・・
遺言
共同遺言の禁止|遺言
遺言は、誰かと一緒に出来るものなのでしょうか。 民法は、二人以上の人が、一緒に同じ書面で遺言をする、いわゆる「・・・
遺言
遺言能力|遺言
民法では 満15歳に達した者は、遺言をする事ができる とされています。 これは遺言の内容を理解し、さらに弁識で・・・
遺留分
遺留分率|遺留分
遺留分は、相続人に認められる権利であるため、相続権がなければ遺留分もありません。 つまり、相続放棄、相続欠格、・・・
寄与分
意義|寄与分
寄与分は昭和56年1月1日から施行され民法904条の2に規定されました。 いわば、民法の中では比較的、新しい法・・・
相続開始時の財産
預貯金について|相続開始時の財産
相続が始まって、「遺産はあるの」「ある・・ならどれくらい?」・・という話が出てきます。民法では896条に 「相・・・
相続人の範囲
相続人とは
相続人は誰・・・・当たり前と思う方も多いと思いますが、実は基本の基本です。 相続人が特定出来なければ、そもそも・・・

相続財産の範囲

相続財産の範囲は、大切にあるにも関わらず、「一身専属」という言葉で、「なんでもかんでも」という感じで曖昧に思う・・・

死因贈与の撤回について|贈与

遺贈の撤回は民法1022~1024条に規定されていますが、これらの規定にある「撤回の方法」は死因贈与の規定には・・・

特定遺贈|遺言

特定遺贈、とは、特定の具体的な財産的利益を遺贈の対象とすることをいいます。 たとえば、「○○の土地を、相続人の・・・

負担付贈与|贈与

負担付遺贈、とは、遺贈を受ける者に対して、遺贈とともに、一定のなんらかの法律上の義務を負担させるものをいいます・・・

特別受益の意義|特別受益

相続における特別受益には、どのような意義があるのでしょうか。 共同相続人のうちで、被相続人の方から、その方が亡・・・

共同遺言の禁止|遺言

遺言は、誰かと一緒に出来るものなのでしょうか。 民法は、二人以上の人が、一緒に同じ書面で遺言をする、いわゆる「・・・

遺言能力|遺言

民法では 満15歳に達した者は、遺言をする事ができる とされています。 これは遺言の内容を理解し、さらに弁識で・・・

遺留分率|遺留分

遺留分は、相続人に認められる権利であるため、相続権がなければ遺留分もありません。 つまり、相続放棄、相続欠格、・・・

意義|寄与分

寄与分は昭和56年1月1日から施行され民法904条の2に規定されました。 いわば、民法の中では比較的、新しい法・・・

預貯金について|相続開始時の財産

相続が始まって、「遺産はあるの」「ある・・ならどれくらい?」・・という話が出てきます。民法では896条に 「相・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ